概略

住宅ローンのステップ支払いが仇となり、購入から5年後に住宅ローンが支払えず自宅を諦め自己破産した事例

相談者

Aさん、40代、男性、同居家族:妻、子ども2人

相談前

Aさんは、10年前にステップローンを組んで自宅を購入しました。2年前から会社の業績悪化により残業がほとんどなくなり、月収が10万円近く減少してしまいました。何とかやり繰りしながら返済してきたのですが、ステップローンのため、これまで月々10万円の返済の返済額が一気に5万円増額の15万円になってしまいました。下の子がまだ小さいので、妻がパートに出ることもできず、上の子も進学等で教育費もかかるため、このままでは生活が立ち行かなくなると困り果てて、ご相談に来られました。

相談後

弁護士が、一番負担になっている自宅をどうされたいかをAさんに確認した結果、Aさんには、自宅を維持する気持ちがなかったため、住宅ローン以外には債務がなかったのですが、自宅を手放し自己破産する事をお勧めし、無事免責を得ることができました。

弁護士からのコメント

破産の原因は、ピーク時50万円あった月収が40万円まで減ってしまい、そこへ住宅ローン返済額がステップ払いのため5万円も増額し月15万円になったことにあります。

ステップローンは、平成12年には販売中止になりましたが、このローンで苦しんでいる人は意外と多いようです。その他の借金の返済が無いとは言え、ローン返済は、2人の子供を抱えているAさんにはとても負担でした。何よりもAさんには、自宅を維持する気持ちがなかったので、これからの学費などを考え、自宅を手放し借金の返済を免責してもらい、身軽になって一からやり直せる自己破産手続きをお勧めしました。

もちろん自宅を維持するなら個人再生手続きを検討する余地はありますが、住宅の価格が購入当時と比べて著しく下がってしまった現在、残りのローンを払ってまでして住宅を維持する価値があるのか疑問もあります。むしろ収入にも変化が生じた場合は、きっぱり自宅を諦めて、住宅のための支出を現在の15万円から賃貸の7万円程度におさえて家計を立て直す方が、再建への早道かもしれません。

自己破産のページに戻る